2015年12月16日

エルダーフラワー

古い時代から薬樹とされ、
ルーン文字の時代には魔法の杖、
キリストがかけられた十字架としても知られる
樹高10mほどにまで育つ力強い灌木、
和名をセイヨウニワトコ  
学名をSambucus nigraと呼ばれる
エルダー。

エルダーフラワーティー.jpg

エルダーの花は、
温めて生命力を高める金星のハーブです。

悪魔を払う妖精の住む樹・エルダー。
実は染色やジャムに、
樹は守り神に、
花は薬効として、
使用されてきました。

エルダーフラワースプーン.jpg

ハーブティーで飲むエルダーは、
腎臓の浄化と機能強化、
浮腫みの改善と毒素の排泄、
免疫低下と内臓の働きの低下による蕁麻疹や湿疹、
のどの腫れ、
ヘルペスウイルスの感染、
悪寒などに使用します。

ぐっと寒くなる日、
風邪などひかないように、
エルダーフラワーをおひとつどうぞ。

スペアミントとあわせて
のど・気管支・鼻の炎症が症状の風邪に。

エキナセアプルプレアとあわせて
悪寒、風邪全般、多忙で冷えて疲れた時に。

エルダーフラワーをシングルで。
はちみつをなめながら。
癒されましょう。

妖精の住む薬樹・エルダー。
ひとのこころと身体にやさしく温かいのは、
その花のお茶。

エルダーフラワーティー。

エルダーの繁みから枝を折ろうとすると前に、
手を組み合わせ、跪き、樹に請わなければならない
レディーエルダー、あなたの枝を少し分けてください。
森の中でわたしの樹がおおきくなったら、
それをおすそ分けしますから。

これは、
17世紀のシュレジア(現在のポーランド・チェコ・ドイツの3国にかかる地域)の
祈りの言葉です。








posted by 木之下惠美 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ネトル その2

今年の3月にもこのブログで書いたネトルですが、
寒さと温かさが交互に現れる11月の頃にも気になる
「ネトル」についてちょっとお話しましょう。
ペパーミント大1.jpg

青々とした濃い緑をたたえるネトルは、
ちくちくしたとげをたっぷり持っていることでも有名な一見厄介な植物です。
しかし、ネトルの薬効性はとても有益なもので、
血液の健康にもっともよいハーブです。

浄血と造血のハーブとして有名なネトルは、
体内に蓄積した毒素や、アレルギー物質を除去します。
ネトルの特性は、火星を支配星にもつハーブそのものです。

コンソメのネトルスープ.jpg

ネトルは血液を浄化し健全にすることによって、
肌のくすみを取り、腸内の毒素を排泄させ、
病気の原因となる様々な老廃物を取り除きます。
蕁麻疹やアレルギーによる肌荒れ、
ニキビや湿疹、抜け毛に効果的で、
痛風やリウマチによる痛み物質を除去し、
浮腫みと水分の滞留からくる
新陳代謝の悪さにもよいハーブです。

またネトルは、
神経系統と免疫系統をサポートし、
浄血と造血、神経の通りを楽にするため、
産後のうつ症状や貧血による体力の低下にも
古くからなくてはならないハーブでした。

ひとことでいうと
ネトルは、
ストレスや疲労、加齢や疾病で
疲れてしまった血液の健康回復のための
メディカルハーブです。

季節の変わり目や
環境の変化
ストレスや多忙で
湿疹や蕁麻疹を引き起こしやすいときなどは、
朝起き抜けと夜のリラックスタイムには
ぜひ飲みたいハーブです。

今からちゃんと続けて飲んでいると
春のアレルギーが出なかったり、
春の抑うつ症状が出なかったり、
抜け毛や白髪が減ったりという
うれしい声が聞こえます。

今から寒い季節を迎えるけれど、
その向こうの春のきれいと元気のための
種まきになる「ネトルティー」

肌荒れや便秘、冷えなどには
わりと早く答えをくれます。

アレルギーは体質から
秋から春の季節療法によって
答えてくれます。

またネトルティーは、
デリケートな神経系統に対しても
秋から春の季節療法によって
答えてくれます。

スティンギングネトル
セイヨウイラクサ


古くから伝わる季節の伝承療法です。

IMG_0424.JPG

posted by 木之下惠美 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

リンデンの柔らかな葉

リンデンは、ドイツではとても有名な薬樹。
自律神経の過剰な働きを穏やかにし、
血圧と発汗を調節する木星を支配星に持つ樹のハーブです。
和名はセイヨウボダイジュ。
ナツボダイジュとフユボダイジュの自然交雑。

IMG_2300.jpg

ドイツのゲルマン神話の中で、竜の住む樹として知られています。
飛ばない竜がリンデンバウム(リンデン樹)のもとに住み、
彼らは飛ばない代わりに機敏だったとされています。

ドイツメディカルハーブの温浴療法の中でも
リンデンは、オレンジの花と一緒に沐浴に用いられます。
発汗を促し、毒素を排せつし
代謝不良による浮腫みや慢性疲労、循環器系の不調の改善などに
用いられてきました。
IMG_2308.jpg
これは、
温めるけれどのぼせさせない
血圧安定化作用と膝や関節に水がたまるといった症状にもよい
お薬との併用も可能な入浴剤です。

リンデン、
見た目はハリのある葉ですが
デリケートなやわらかな葉です。
竜がいた時代にもあった古い薬樹です。

夏バテしたこころとからだにやさしいリンデン。
過労気味でバテ気味、不安定な自律神経に・・・
ぜひ試してみてね。

秋の始まりにやさしい竜の樹・リンデン・・

posted by 木之下惠美 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。